Home > 酒造りの風景 > 麹造り その3・・・温度

麹造り その3・・・温度

「麹箱」に盛られた蒸米の温度は、室の室温とほぼ同じ温度から、麹菌の成長に伴って発する熱により36℃、38℃と自然に上昇していきます。
brewing_20131117_3

この温度の上昇を見ながら、麹箱の中の盛りの厚みを調整し、徐々に盛りを薄くしていきます。
brewing_20131117_4

仕切り板の位置をずらしながら、徐々に麹箱全体へと拡げていきます。
brewing_20131117_5

何度かこのような作業を繰り返します。
brewing_20131117_6

温度が42℃になる頃には、麹菌が十分に成長し、麹が出来上がります。
brewing_20131117_7

日本酒「桂月」 酒造りの風景